東京選挙区 誰に投票するか迷う

参院選2019

東京選挙区

明日投票です。

前日なのに誰に投票するかまだ決めてません。

全国区比例は[れいわ新選組]山本太郎(300万票がんばれ!)と決めていますが、東京選挙区で誰に投票するか迷いまくってます。

れいわ新選組の野原さんか、立憲民主の誰かか

僕は辺野古基地新設大大大反対なので、正直、沖縄出身れいわ新選組の野原さんに入れたいのですが、厳しい状況なら当落線上にいる立憲民主の誰かに入れたいとも思う・・・

立憲民主の枝野さんは大好きだし、立憲民主は貧困問題や性的マイノリティ関連の政策もしっかりやってくれそう。

でも、立憲民主の誰に入れたらいいのか決められない。塩村さんか山岸さんのどちらかが安全圏なら当落線上ギリギリの人を応援したいのだが、情勢みてもどこのニュースも予想はバラバラ。

れいわ新選組の野原さんもしかするともしかするかも!っていう記事もあって、どうしましょう。

今日で決めねば。

似すぎ!テラフォーマーズ アドルフ・ラインハルトのモデルはこの人ではないかと

漫画テラフォーマーズのアドルフ・ラインハルトのモデルはこの人ではないかと思うほど似ている。

テラフォーマーズのアドルフ・ラインハルトもすごくカッコいいが、この人もすごい!

歯車に鉄球

メカメカしい!

カッコいい!

最近新作も出したみたいです↓

すてきですね(^-^)

【季節の口笛】桜の季節ですね、口笛吹きたくなりますね

桜の季節

口笛愛好家たちも「さくら」の曲を吹きまくっているのではないでしょうか?

Twitterではこんなコラボ

口笛×ビートボックス

さくら

口笛の安定感!

音の処理も上手い!

口笛の基礎がしっかりしていると、シンプルでもステキな口笛演奏になるのですね♪

僕も見習いたい!

YouTubeでも「さくら」の口笛演奏がたくさん!

口笛奏者YOKOさんのチャンネルより

森山直太朗 さくら

僕ががんばって吹いた口笛「さくら」↓

森山直太朗 さくら 口笛独唱

YouTubeで見つけた素敵な口笛演奏

春よ、来い 松任谷由実

みなさんに素敵な春が訪れますように♪

【柴犬】耳ペロたまんない

柴犬大好き!くちぶえ君です(o^3^o)

View this post on Instagram

Licc

A post shared by Shiba Loving Community (@daily_shibas) on

Instagramで見つけたこの動画

ペロカワ!!

ひたすた耳ぺろ

ペロペロペロペロペロペロペロ

ペロペロペロペロペロペロペロ

見ているこっちの耳までペロペロされてる気分になる!笑

柴犬ってなにやっても可愛いんだね(>_<)

 

午後の紅茶CM曲366日 口笛吹くと、心あたたまるんだ

この前、極寒口笛おじさんの動画を投稿したとき

午後の紅茶のCMみたい~♪って感想言われたんですけど、

そんで

午後の紅茶のCM視聴してみたら

 すごくステキ♪♪ でした!

午後の紅茶CM ロングバージョン

午後の紅茶CMショートバージョン

感動!!

というわけで

口笛で吹いてみました!

僕くちぶえ君が口笛で真似した動画↓

上白石さんと比較してどうでしょう?

僕だってステキ♪♪って言われたい!

goproのマイクアダプター買ったので色々動画撮りたかったんです笑

午後の紅茶「あいたいって、あたためたいだ。」

うん、そうですよね。

口笛吹いても、心温まりますよね(o^3^o)

 

口笛吹くと、心あたたまるんだ♪

うん!

午後の紅茶(hot)と口笛の組み合わせは最強かもしれません。

あったまります(^3^)v

アタック奏法?口笛のアタックについて

「アタック奏法」という言葉は口笛奏法の名前として正しいだろうか?

口笛における奏法として「アタック奏法」「ノンアタック奏法」と言うのを提唱している記事を見かけたが、私は「???!」となった。

では、そもそもアタックとはなんだろう?

ネットで調べてみるとこうだ↓

音の出だし、立ち上がり。

うむうむ。まあ、そうだよな。

念のため和英辞典で英語のattackを調べてみた↓

4不可算名詞 【音楽】 (器楽・声楽で最初の)発音[発声](法), アタック

うむうむ。やはり、そうだよな。

音楽におけるアタックというのは出だし(立ち上がり)のことを指す。

私の認識は間違っていないようだ。安心した。

アタックの定義について確認できたところで、今回の私の「アタック奏法」への違和感を説明したいと思う。

シンプルに言うと、「アタック奏法」と言ってしまうと口笛の音はほぼ全て「アタック奏法」になってしまわないか?ということである。

口笛に限らずほぼ全ての楽音には音の出だしが存在する。

吹奏楽の指導でよく言われているこの言葉をご存知だろうか?

アタック コア リリース の3セットだ。

アタック:音の出だしの部分

コア:指定された音価(音の長さ)を保つ部分

リリース:音処理の部分

ポルタメントやウォーブリングなどのように音から音へと遷移する場合を除き、全ての音にはこの3セットがある。

そう、つまりポルタメントやウォーブリングでない楽音すべてにはアタックが存在するのだ。

※ちなみに無音状態から弱くひっそりと口笛の音を出しことはアタックが弱いということが多い。それが波形上ハッキリとした山場のないものであったとしても、楽音上もしくは聴覚特性上の出だしは存在する。

なので、まず「ノンアタック奏法」という言葉は不適切であるように感じる。

楽音にアタックがないのはポルタメントやウォーブリングなどで音がつながっている場合のみだ。「ノンアタック奏法(アタックがない奏法)」と言うのであればそれを指すべきであろう。

さらに「アタック奏法」という言葉も不思議だ。いうなら「ブレスアタック」もしくは「エアーアタック」と言うのが適切ではないか。(※当サイトでは、複数人の口笛関係者と議論し、「アタックという仕事をするのは息の流れである」という認識のもと、ブレスアタックという言葉を使っている。)

アタックは音の出だしなのだから、息のみで発音する場合も、喉(スロートロック)や舌(タンギング)で発音する場合もすべて「アタック奏法」に含まれてしまうのではないか。

以上!

まとめるとこうだ↓

・アタックという言葉の意味から考えて、ノンアタック(アタックがない)という意味の言葉は間違っているのではないか。

・アタックは「ある・ない」ではなく「強い・弱い」で表した方がわかりやすいし正確である。

・アタック(音の出だし)は様々な発音(タンギングなど)において存在するため、奏法として定義できない。

・息の流れのみで行う音だしは「ブレスアタック」というべきだ。

以上の理由により、私は口笛の音だしについて「アタック奏法・ノンアタック奏法」と定義に疑問を感じた。

私みたいな口笛オタクでないかぎりそんなに気にしないだろうが、

私はこれからも「ブレスアタック」という言葉を推奨していくつもりだ。

口笛の吹き方動画に英語字幕を追加しました!

口笛の吹き方動画に英語字幕を追加しました!

字幕で[英語]を選択すると、以下のように英語字幕が表示されます。

口笛の吹き方動画 英語訳追加
口笛の吹き方動画 英語訳追加

今まで英語字幕は自動翻訳のみでしたが、今回英訳依頼をしより精度を高めました。

日本語検索時のタイトルにも英語タイトルを加えました。

ローカライズといって、ブラウザの言語を英語(アメリカ)に設定している方には英語タイトルのみ表示されるよう設定しています。概要欄も英語で表示されます。

YouTube口笛吹き方動画のローカライズ
YouTube口笛吹き方動画のローカライズ

英語得意な方はご確認お願いします!翻訳ミスがあれば教えてくださいね。

Netflix アンブレラアカデミーのシーズン2まだ?

アンブレラアカデミー

Netflix大好き!くちぶえ君です!

予告編見てこれは面白そうだとなったのでNetflixで一気見しました!!

能力バトル系か?と思ったらそんなに能力全開しない。いい意味で期待を裏切られた感じ。

いろんな人種セクシャリティが登場。ただ、No.4(アジア系)があまり活躍してないのが残念だったなー。

でも全体的にすごく練り込まれたストーリーで飽きることなく最後まで見ることができました。

早くシーズン2がみたい!

今のところアンブレラアカデミー シーズン2決定の情報はないですが、

あの終わり方ですからね・・・

もやもやする!!

シーズン2なんとしても作ってほしいです!

 

 

ホイッスルはこうやって作られている

ホイッスルと言ってもこれは口笛ではなくてスポーツで審判が持っているやつです!

そのホイッスルの製造工程がすごい!

ホイッスルはこうやって作られている

まさかコルク玉

後入れだったなんて!

少し疑問に思ったんですが、口の中にコルク玉入れてホイッスルみたいにする事は可能なのでしょうか?

誤飲が恐いので試さない方がいいですね。